スワップ金利とは

スワップ金利とは、
スワップポイントとも呼ばれるもので、異なる2種類の通貨を売買することによって生じる金利差のことを表します。

通貨を交換する取引であれば、当然ながら金利についても交換することになります。
各国の金利は異なりますので、買った通貨の金利を受け取る権利と同時に売った通貨の金利を支払う義務が生じます。
その差額分がスワップポイントとして清算されることになります。

例えば、
日本円で米ドルを購入すると、米ドルの金利を受け取る権利と同時に日本円の金利を支払う義務が生じます。

仮に、円の金利が1%、ドルの金利が5%だとすると、
円を売ってドルを買うと、その金利差の4%分のスワップ金利を受け取ることができます。
逆に、ドルを売って円を買うと、4%分のスワップ金利を支払わなければなりません。

つまり、
低金利通貨で高金利通貨を買えば、金利差の調整分をスワップ金利として受け取ることができ、
逆に、高金利通貨で低金利通貨を買えば、金利差の調整分をスワップ金利として支払う必要が生じます。





FXスプレッド比較ランキング

会社名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル ユーロドル
インヴァスト証券 0.4 1.2 2.0 1.6 0.6
ライブスター証券 0.6 1.6 2 1.5 0.6
フォーランドフォレックス 0.6 1.9 4 5 0.9
DMM FX 0.8 1.4 2.2 2.0 1.6
外為オンライン 1 2 3 3 1
おすすめキャンペーン

FX業者 ピックアップ